ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店: お得 一本義 180MLカップ×6本 辛口純米酒 ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店: お得 一本義 180MLカップ×6本 辛口純米酒 1465円 ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店:「一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本」 日本酒・焼酎 日本酒 純米酒 1465円 ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店:「一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本」 日本酒・焼酎 日本酒 純米酒 日本酒・焼酎 , 日本酒 , 純米酒,herbalifenutrition.madisonsports.es,一本義久保本店:「一本義,/interstation459096.html,ほんのりとチェリー様の香り,辛口純米酒,180MLカップ×6本」,1465円 日本酒・焼酎 , 日本酒 , 純米酒,herbalifenutrition.madisonsports.es,一本義久保本店:「一本義,/interstation459096.html,ほんのりとチェリー様の香り,辛口純米酒,180MLカップ×6本」,1465円

超激得SALE ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店: お得 一本義 180MLカップ×6本 辛口純米酒

ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店:「一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本」

1465円

ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店:「一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本」




ほんのりとチェリー様の香り
一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本
一本義久保本店


ほんのりとチェリー様の香り。潤いのあるみずみずしい口中感に続き、喉に響く心地よい押し味。クリアな旨味をまとめる爽酸味は、カニ料理や、塩味食材との相性が最高。辛口を追求する一本義において、最強の辛口酒。


奥越前地酒 一本義
食材の宝庫であり、素材の素直な味わいを大切にするといわれる福井の食文化。
こうした背景のもと、一本義は「キレ味の良さ」を酒造りの身上としてきました。
日本酒は食中酒であり、食と共にあってなお食も酒も花開く。
舌の上にいつまでも余韻が残る酒ではなく、流れ消えるような後口のキレの良さを、高級酒から定番酒まですべての酒に共通して大切にしています。

蔵の物語
日本三大名山のひとつ、霊峰白山の懐に抱かれた、奥越前勝山。
清らかな水、美しい田、厳寒の冬という酒造りに最適な風土。
こうした背景のもとに、一本義は醸されています。

奥越前に生まれて
全国有数の酒米産地 豊かな自然の中で
日本海に面する北陸、福井県。その北東に位置する奥越前勝山は、四方が山々に囲まれた盆地で、最深積雪量が1メートルを超すことも珍しくない、県内屈指の豪雪地です。土の肥沃さ、根がしっかりと張る地の深さ、こんこんと湧き出る地下水とともに、夏の昼夜の気温差が大きい盆地気候のおかげで良質の米が育ち、酒造好適米「五百万石」の全国有数の産地として知られています。
奥越前勝山 その歴史が開かれたのは 千三百年前
ここ奥越前勝山を語るとき、その象徴ともいえるのが、越前・加賀・美濃の国境にそびえる白山です。富士山、立山とともに日本三名山のひとつに挙げられ、標高は2,702m。その歴史が開かれたのは、今から千三百年前にさかのぼります。
恐竜王国 世界に誇れるきれいな町
1988年、勝山市の北谷地区で1億2千万年前の肉食恐竜の化石が発見されました。以来、日本で発掘される約8割の恐竜化石が、ここ勝山に集まることから「恐竜王国」と呼ばれるようになりました。
勝山市は2007年、アメリカの雑誌フォーブス誌「世界でもっともきれいな都市トップ25」で、アジア1位、世界9位に選ばれました。世界的都市がトップを競う中、小さな市である勝山が選ばれたのは画期的なことでした。

年の歴史を超えて
勝山藩主・小笠原家に愛育された「一本義」
小笠原家は室町時代より武家の礼法を伝える家系であり、その理念は行儀作法の代名詞「小笠原流礼法」として現代にも伝えられています。そんな文人大名であった小笠原家が、御用酒として代々愛育した酒銘が「一本義」でした。
明治三十五年創業「一本義」の物語
初代の直蔵より、農業を中心として林業・生糸業・機業などで生計を立ててきた久保家でしたが、明治35年、隣家の酒造家が廃業されるということで、5代目当主の仁吉が酒蔵・道具一式を買い受け、酒造業を興しました。当初の酒銘は、地籍(福井懸大野郡勝山町澤)に由来するとともに、白山の伏流水による豊かな湧き水を象徴した「井」を併せ、「澤乃井」としました。しかし、この酒銘を長らく名乗り続けることはできませんでした。当時の家業の中核であった機業製品の出荷と合わせて、横浜へ酒を持参した際に、東京にこの時すでに百年以上前から同銘を使われている酒造元があったことを知るのです。その帰りの汽車中、たまたま隣り合ったのは同郷勝山の屈指の素封家といわれた笠松家のご当主でした。
酒銘を再考する必要があることを話すと、「それならば、うちが昔殿様から拝命した酒銘を受け継いだらどうか」と、勝山藩小笠原家の御用酒銘であった「一本義」を譲り受けることになったのです。
一本義は、禅語「第一義諦」に由来し、それは「最高の真理、優れた悟りの知恵を極めた境地」を意味します。
現在、勝山で造り酒屋は弊社一軒のみ。勝山の歴史にとって大切な意味のあるこの銘を受け継がせていただいた誇りを胸に、しっかりと後世に伝えていきたいと思っています。



■商品名…一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本
■内容量…180MLカップ×6本
■アルコール度数…16%
■日本酒度…+8.0
■酸度…1.3
■アミノ酸度…1.3
■原料米…越の雫・福井県産加工用米
■精米歩合…70%
■味わいの目安…辛口


※未成年者へのお酒の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。
※ギフト包装・熨斗等はお受け出来ません。

ほんのりとチェリー様の香り 一本義久保本店:「一本義 辛口純米酒 180MLカップ×6本」

  • 【3980円以上で送料無料】【配達日指定不可】 シモン 合皮手袋ハンドバリア#70L HANDBARRIER70L|作業用品・衣料 作業手袋 革手袋

    新着記事一覧

  • 季刊誌『Wunderbar』バックナンバー : リタールでは、定期的に季刊誌『Wunderbar』ウンダバーを発行しています。